Announce

PukiWiki contents have been moved into SONOTS Plugin (20070703)

Fluentd

Fluentd使ってみました

Table of Contents

基本的なアーキテクチャ

  1. 各アプリケーションサーバに td-agent をインストール
  2. fluentd サーバでログ収集(セカンダリをおくこともできる)
  3. ログは MongoDB などに保存

Fluentdの導入

rvm + ruby は入っているものとする

gem install fluentd

プラグインの検索&インストール

gem search -r fluent-plugin
gem install fluent-plugin-****

http://fluentd.org/plugin から探す

設定ファイルを以下の場所におく

/etc/fluent/fluent.conf

デーモンとして起動

fluentd -d /var/log/fluentd.pid -l /var/log/fluentd.log -c /etc/fluent/fluentd.conf

td-agent の導入

/etc/yum.repos.d/td.repo
[treasuredata]
name=TreasureData
baseurl=http://packages.treasure-data.com/redhat/$basearch
gpgcheck=0
yum update
yum install td-agent

設定ファイル

/etc/td-agent/td-agent.conf

ログ

/var/log/td-agent

起動&停止

/etc/init.d/td-agent start
/etc/init.d/td-agent stop
/etc/init.d/td-agent restart