Announce

PukiWiki contents have been moved into SONOTS Plugin (20070703)

msword

Microsoft Wordの使い方メモ

Table of Contents

便利な技

1行の中で左寄せ・センタリング・右寄せを混在させる

http://hp.vector.co.jp/authors/VA014071/tips/wd_tab.html

隠し文字

#pre

文書や表を印刷する際、大切な部分は印刷したくないと言う場合には、隠し文字を 利用します。 印刷したくない文字列を範囲選択し、書式メニューのフォントダイアログで、文字飾 りの[隠し文字]をオンにします。次に、ツールメニューのオプションを選択し、[印刷] パネルで[隠し文字]のチェックを外します。

end

Tools -> Option -> Hidden Text で表示、非表示切り替え。印刷のときも注意。

両端揃え

Format -> Paragraph -> Justified.

垂直方向の配置

ファイル→ページ設定→その他→垂直方向の配置。

対象範囲が[文書全体]か、[これ以降]しか選べない?ので、トップページだけをやりたい場合は、 一度[文書全体]へ適用後、次ページで[これ以降]で元に戻す。 [このセクション]がでるときとでないときが・・・

スタイルと書式の再利用 (テンプレート)

スタイルを別の文書やテンプレートにコピーする	ヘルプ
アシスタント > Word 2003 > 文書の書式を設定する > スタイルや書式の再利用
 
すべて表示すべて表示
すべて非表示すべて非表示

   1. [ツール] メニューの [テンプレートとアドイン] をクリックします。
   2. [構成内容変更] をクリックし、[スタイル] タブをクリックします。
   3. 異なるテンプレート (テンプレート : あらかじめ構造が決められていて、スタイルやページ レイアウトなどの要素を指定するためのツールが備わっている 1 つまたは複数のファイル。たとえば、Word テンプレートでは 1 つ 1 つの文書の体裁を、FrontPage テンプレートでは Web サイト全体の体裁を整えることができます。)またはファイルの間で項目をコピーするには、[ファイルを閉じる] をクリックし、作業中の文書 (作業中の文書 : 現在入力を行っている文書。入力した文字や挿入した図は、作業中の文書に表示されます。作業中の文書のタイトル バーは濃い色で表示されます。)と文書に添付されているテンプレートを閉じるか、標準テンプレート (標準テンプレート : すべての種類の文書に使用できる全文対象のテンプレート。このテンプレートを修正して、文書の既定の書式やテンプレートの含まれている項目の内容を変更することができます。)を閉じます。次に、[ファイルを開く] をクリックして、必要なテンプレートまたはファイルを開きます。
   4. いずれかの一覧でコピーする項目をクリックし、[コピー] をクリックします。

いろいろ

Format -> paragraph -> Spacing 段落下げ -> Line spacing , double spacing

View -> Header and Footer -> invisible (?) (page number setup) -> File -> Page Setup ->Margins

Insert -> Preference -> Footnotes (どのページ番号からにするか)

Edit -> Paste Special -> Unformatted Text

上のルーラーバーをいじって行頭段落付けの変更。margin バーでマージンも(全選択してから)

Insert -> Picture -> Select Picture -> Insert -> Preferrence -> Caption (画像右クリック > Caption)

Insert -> Break -> Page break (Ctrl+Enter)

Table -> Sort -> Ascending (論文リストソートするのに自動なので便利)

Tools -> Word count

Toolbar right click -> customize -> Copy & pages symbols (i.e. paste specials

Insert -> break -> Section break -> Next page -> Click Show/hide icon on toolbar

File -> Page setup -> Layout -> center (1ページ目のタイトルを中央に。便利)

View -> HEader and FOoter -> 'Switch header and footer icon

  • > 'Show next icon
  • > 'format page number icon

タイトルページを1にしないで通常ページから1にする。Page setup -> layout -> different first page でページ番号消せる

Insert -> Preferrence -> Index and Tables (heading つけてあれば) -> Right -> Update page number By Ctrl+click, jump

View -> Task Pane -> Drag ▼ -> Style and Formatting

他の文書からコピペすると style が上書きされる -> Paste Sepcial -> Unformatted paste

Vidw -> Outline view -> Tool bar

  • > Master document view
  • > Insert Subdocument (can't edit)
  • > Collapse subdocument (ただのリンクに見える)
  • > remove subdocument (リンクじゃなくなる。can't edit)
    View -> Normal

ショートカットキー

  • C-b で bold
  • C-i で italic
  • C-space でそれらを消去
  • C-enter 改ページ
Q6:ページの途中で次のページを作りたい。(改ページ)

  1. 改ページしたい部分にカーソルを移動させる。
  2. メニューバーの「挿入」-「改ページ」を選択する。(画像)
  3. 「改ページ」にチェックが入っている事を確認して「OK」ボタンを押す(画像)

数式モードショートカットキー

  • F2 パレットに移動
  • Ctrl-h 上付き文字
  • Ctrl-l 下付き文字

数式モード

  • Ctrl-space でスペース挿入できる。Ctrl-tab でtabもあり。
  • ヘルプは数式モード起動後のヘルプメニューで見れる。
    • 上付き文字 Ctrl + H または Ctrl + T、H
    • 下付き文字 Ctrl + L または Ctrl + T、L
  • Ctrl-F9 で数式フィールド。本当に計算させるためのもので数式を書くためのものではない。

MathType

  • Alt押しながらドラッグでパレットに移動できる。数式自体も持っていける。