Announce

PukiWiki contents have been moved into SONOTS Plugin (20070703)

Fedora7

Fedora7初期設定メモ

Table of Contents

初期設定

Tex

yum install tetex*
yum install gv gsview xpdf
yum install emacs-auctex

.emacs

;===================================
; AUCTeX
;===================================
(require 'tex-site)
(load "auctex.el" nil t t)
(load "preview-latex.el" nil t t)
(setq TeX-default-mode 'japanese-latex-mode)
(setq japanese-TeX-command-default "pTeX")
(setq japanese-LaTeX-command-default "pLaTeX")
(setq japanese-LaTeX-default-style "jsarticle")
(setq preview-image-type 'dvipng)
(setq TeX-file-extensions '("tex" "sty" "cls" "ltx" "texi" "texinfo" "dtx"))
(setq kinsoku-limit 10)
(setq LaTeX-indent-level 4)
(setq TeX-output-view-style '(("^dvi$" "." "/usr/bin/pxdvi %d")))
(setq TeX-auto-save t)
(setq TeX-parse-self t)
(setq-default TeX-master nil)

AucTeXの使い方(一部):

C-c C-c : コンパイルやプレビュー
C-c C-s : 節などを追加
C-c C-e : 式や箇条書きなどの環境を追加
C-c C-p C-d : Emacs内で図や数式をプレビュー (preview-latex)
C-c C-p C-p : preview-latex モードで、カーソルの場所だけプレビュー
C-c C-p C-c C-d : preview-latex モードの解除
C-c C-o C-f : Fold(footnoteやciteなどを短縮表示)モードへ入る
C-c C-o C-b : バッファ全体のFolding
C-c C-o C-r : リージョンのFolding
C-c C-o C-o : 状況に応じてFolding/Unfolding
C-c C-o b : Foldモードの解除

Ref

フォントを綺麗に(時間があれば)

各種ソフトウェアインストール

Add/Remove Softwareから入れていないものがあればとりあえずクリックしていれまくってみる。

ミラーリストから自動的に最も早いダウンロード先を選ぶプラグインのインストール

yum install yum-fastestmirror
yum -y install yumex yum-utils gconf-editor hwbrowser
yum -y install emacs* anthy-el
yum -y install gparted
yum -y install kdebase kdeartwork kdegraphics kdemultimedia
yum -y install tomoe scim-tomoe
yum -y install gcc* compat-gcc* compat-lib*
yum -y install fftw fftw2 lapack blas units octave atlas
yum -y install gnuplot grace plplot
yum -y install xfig inkscape
yum -y install maxima* TeXmacs
yum -y install mplayer* vlc gstreamer* xmms xmms-mp3 amarok
yum -y --enablerepo=flash install flash-plugin
yum -y install ffmpeg mozplugger
yum -y install xscreensaver*
yum -y install cabextract p7zip p7zip-plugins
yum -y install thunderbird gnubiff
yum -y install gnomebaker k3b

時間があれば全パッケージアップデート

yum update

そのほかは http://tmcosmos.org/linux/common/usrlocal/

Ref

日本語入力 - SCIM と Anthy を使う

yum -y install scim-anthy

ログアウト、ログイン後 Ctrl-space で起動できるらしいが、できなかった。

scim-setup &

Global Setup > Trigger に Control-space を設定。ログアウト、ログイン。 SCIM が起動したら、SCIM 上で Japanese を選ぶ。

Emacs の日本語入力で Anthy-el を使うには、 ~/.emacs に

;===================================
; Anthy
;===================================
(set-input-method "japanese-anthy")

を付け加える。Emacs上でAnthy-elの起動と停止は Ctl-\ で行う。

Emacs上でAnthy-elの使い方:

  • q: かな漢字 ←→ カタカナ
  • l: かな漢字orカタカナ → 半角英数字
  • L: かな漢字orカタカナ → 全角英数字
  • C-j: 半角or全角英数字 → かな漢字
  • C-q: 半角カナ ←→かな漢字

Ref

vmware

tar.gz 版

perl vmware-install.pl
perl vmware-config.pl

rpm 版

rpm -Uvh VMware-linux.....rpm
vmware & # と試してみると vmware-config.pl のパスを教えてくれる

vmware-config.pl の所で kernel-headers がないと言われる。以下どちらか

kernel-devel をインストール

yum install kernel-devel

(入らない場合 yum list kernel* でチェック。kernel-devel.i686 かも知れない。) headers の場所を確認して、vmware-config.pl 時に /usr/src/kernels/......../include 指定。

#再起動しても kernel と include のバージョンが違うとか言われた・・・。前はうまくいったのに。

この問題は vmware-any-any-update....tar.gz という vmware-config.pl パッチを持ってきて、このチェックをなくすことで回避もできるらしい。

中の runme.pl を実行すれば良い。vmware のために kernel を入れかえるのも嫌だしこちらで良いならこちらのほうがよさそう。

vmware-config の設定はデフォルトで良いと思う。

#そういえば vmware-player の方が最新版が手に入るからそちらを入れよう。→入れた。手順は変わらなかった。

paralells

rpm -Uvh 後、指示に従えば終わり。vmware での苦労はいったい…

デスクトップ環境、ログインマネージャの変更

/etc/sysconfig/desktop
DESKTOP="KDE"
DISPLAYMANAGER="KDE"

"GNOME" とか

と思ったら DISPLAYMANAGER (ログインマネージャ)しか意味がなさそう。 KDM が起動すると独自で起動するデスクトップマネージャを選ぶ(KDM ログイン画面で前回選んだ Session Type が有効)ので、DESKTOP の値が使われない。

KDE の自動画面ロックを止める

デスクトップを右クリック > Configure Desktop > Screen Saver > Uncheck 'Require password to stop'

自動ログイン

GDM

デスクトップ→管理→ログイン画面→rootパスワード入力で「ログイン画面の設定」を出す。

「ユーザ」タブを押し、ユーザ画面に移る。左側の「対象となるユーザ」の方の下の「追加」を押して、自動ログインしたいユーザ名を追加する。そして、右下の「変更を適用する」を押して適用する。(これをしておかないと、下の自動ログインのユーザ名一覧に出て来ない)。

次に「セキュリティ」タブを押し、セキュリティ画面に移る。「□自動ログインを有効にする」にチェックを入れる。そしてユーザ名の右の▼を押して自動ログインするユーザ名を一覧から設定する。

閉じるを押して、「ログイン画面の設定」を閉じる。

再起動すると、自動ログインするはずです。

root は禁止のようだ

KDM

/etc/kde/kdm/kdmrc

AutoLoginEnable = true
AutoLoginUser = username

こちらは root も可能

全共通?

/etc/syslog/autologin

書き方がわからない。ユーザ名を書いておけばよい?

マシン名の設定

vim /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=[name]

samba d

Samba の GUI があるが使い物にならないのでスルー。

samba ユーザの作成

smbpasswd -a [unix_username]

(root を使用したい場合は一度 /etc/samba/smbusers の root のラインを消して改めて -a root。root = administrator admin となるのでユーザ名 administrator でログインするか、好きなユーザ名を追加してそれでログイン)

vi /etc/samba/smb.conf

ログインが必要な読み書き

[disk]
   comment = disk
   path = /media/disk
   browsable = yes
   printable = no
   writable = yes
   valid users = sonots
   force create mode = 777
   force directory mode = 777

workgroup を windows のものと合わせる

workgroup = WORKGROUP

smbd 再起動。 nmbd マシン名(NetBIOS名)でアクセスできるようにするための名前解決サービス、も再起動

/etc/rc.d/init.d/smb restart
/etc/rc.d/init.d/nmb restart

自動起動登録

# chkconfig --list smb 確認
# chkconfig --add smb もしなければ
chkconfig smb on
chkconfig nmb on

バックアップ(ローカル)

rsync -auv [src]/ [dest]

[dest]/ とすると [dest]/src ディレクトリができてしまうので注意。

rsync -auv -delete [src]/ [dest]

[dest] にあって [src] にないファイルを削除する

ハードディスクフォーマット

パーティション削除、作成(umount or 右クリック Safely remove してから)

/sbin/fdsik /dev/sda

ディスク1つで1パーティションにするならいきなり mke2fs /dev/sda のようにしても良い。 と思っていたら windows のほうで認識してくれないので fdisk > n で1つパーティションを作りましょう。

ext3

mke2fs -j /dev/sda1

ext2

mke2fs /dev/sda1

win から ext2/3 な外付けハードディスクにアクセスしたい場合 ext2fds というソフトがある。

ファイルマネージャ起動

konqueror .
nautilus .
gmc .

のどれかは入っていないかなぁ